外国人女性

キャバクラ求人を吟味する前に知っておきたい夜の仕事の豆知識

良くないキャバクラ求人の見分け方

座った女性

アルバイトなどでもいわゆるブラックバイトという言葉をよく耳にしますが、キャバクラ求人でも女性によってはブラックと感じてしまうようなお店も存在します。しかし、こうしたブラック求人がある反面、働く女性の多くが収入や待遇に満足しながら、快適に働けるようなお店もいくつも存在しますが、ここではキャバクラ求人を探す際にブラックを避けるコツを見ていきましょう。まずキャバクラ求人では面接の際に待遇などを簡単に確認するのが普通ですが、あまりにも曖昧な場合にはブラック求人の可能性があります。
もちろん、キャバクラ店は実力主義なので、入店間もない初心者とそのお店のナンバーワンの女性では待遇が異なる事はもちろんですが、全く働いてからの稼ぎが見えない場合には、注意が必要です。またキャバクラ求人ではお店のスタッフの方が働く上で非常に重要な意味合いを持ちますが、面接や体験入店の段階であまりにも態度や対応が悪いお店は避けた方が良いでしょう。
初対面でもあまりにも無礼な態度を取られる、仕事中にしたお願いや要望の反映があまりにも遅く、スタッフ同士の連携も上手く行っていないというお店は、働いてから苦労する事も目に見えているので、避けた方が無難であると言えるでしょう。

キャバクラ求人とヘルブの仕事

初めてキャバクラ求人に応募して採用されたら、その採用された女性は新人のキャバ嬢となります。そして、新人のキャバ嬢が最初にやることは、体験入店とヘルプの仕事になります。体験入店については、キャバクラ求人に詳しく出ているところがありますが、ヘルプの仕事というのは求人に書いていないところも多く、ちょっと特殊です。
まず、あるお客さんが自分の気に入っているキャバ嬢を指名して、キャバクラ店で遊んでいるとして、その指名されたキャバ嬢が、人気のキャバ嬢である場合は、度々席を外す必要があります。他の席でも指名されるのです。人気のキャバ嬢であれば仕方がない状況なのですが、キャバ嬢が席を外したあとで、お客さんは一人でいるわけにはいきません。
そこで、ヘルプという形で他のキャバクラ嬢が、そのお客さんの席につくのです。ヘルプというのは、お客さんが指名したキャバクラ嬢が戻ってくるまでの、時間を埋めることが仕事となります。よって、ヘルプで来たキャバクラ嬢が、そのお客さんに気に入られることは問題になります。
そうなると、そのキャバクラ嬢のお客さんをとってしまうことになるからです。ヘルプで来たキャバクラ嬢は、無難な会話をすることが必要になります。まず、会話の内容としては、席を外しているキャバクラ嬢の話題をすることはやめましょう。

キャバクラ求人から体験入店した時に注目しておきたいこと

キャバクラ求人では体験入店などで実際にお店の中を覗いてみる機会も多いですが、初心者の方はお店の雰囲気や空気に圧倒されて、ただただ慌ただしく過ごすという方も多くなっています。こうした体験入店は実際にお店の様子を調べる上では最高の機会となりますが、ここではハズレ求人を見抜くキャバクラの体験入店のコツを見ていきましょう。まず体験入店の際にはスタッフの動きをチェックしましょう。
キャバクラ店は一見すると女性が店内の全てを回していると見られがちですが、実際には裏方として働く男性スタッフの力が非常に重要になります。店内では手などを使った様々なサインのやり取りが行われ、スムーズにお客様に対して快適な接客を提供出来るようにお店が動いていますが、スタッフの動きが悪いお店ではこうした流れが滞ってしまいます。
さらにこうした接客のトラブルや乱れは実際に現場の最前線で働く女の子のミスと思われる事もあるので、スタッフの動きが悪いお店はスタッフの責任だけで完結せず、女性にも様々な悪影響となります。そのため求人に応募して体験入店をする時には自分が働けるのかという事はもちろん、お店のスタッフの方の動きなどもチェックしておくと、キャバクラ店としてのレベルを判断することが出来るでしょう。

新着情報リスト

新着情報

このページのトップへ